研修・見学の方々からの声31


 

 吉川先生、スタッフの皆さま、4日間の短期研修ではありましたが、本当にお世話になりありがとうございました。帯広から大阪に戻って、早くもひと月以上が経ちました。
 11月7日に帯広に入り、始めての陰陽太極鍼の治療を体験し、8日から11日まで4日間短期研修をさせていただきました。急な申し出にもかかわらず、快く受け入れてくださり本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

 開業後5年半が過ぎましたが、鍼の刺入痛や違和感、お灸の熱さが苦手な方や、ゼロ番鍼や熱くないお灸であっても、先入観で鍼灸院に足を踏み入れることができない方もかなり多いと感じていました。鍼やお灸に対するイメージが変われば、もっとたくさんの方々が来院され、皆さんの不調が速やかに改善されるのにと、惜しい気持ちがありました。

 日本中医学研究会の木本先生が吉川先生を大阪に招かれ、講義と実技をされたときに、陰陽太極鍼を体験された方が、とても良い結果を得られたとお聞きし、東方鍼灸院のHPを拝見し、陰陽太極鍼のDVDを購入しました。見るのと、体感するのとでは大きな違いがあると思い、院を休診して直接研修を受けさせていただきたいと電話で連絡をしました。先生の鍼灸に対する技術と情熱を間近で感じたかったからです。

 次々と研修生を受け入れられ、鍼灸医学が正当な評価を得られ、社会的に医学として認められるように、と代表、吉川先生が大変なご努力をされていらっしゃいます。鍼灸医学を発展させていくために、実践的に学習できる研修の場を与えてくださっていることは、本当にありがたいことだと思います。(感謝)
 研修中はま新しい治療法を前に、その効果の即効性には本当に驚きました。一本の鍼を手や足の一か所に置くだけで、腓腹筋の圧痛が即座に消失した時は本当にびっくりしました。「先生だからできると、よく言われるんだけど、そんなことないのよ。誰でもできるわよ。」と、静かに語られます。見ているだけでは、簡単なようですが、今までの先生の中医学の学びが基礎になっていることは間違いありません。今回の研修は短期間ではありましたが、ここをスタートラインとして、しっかりと日々の臨床、勉強と研鑽を積み重ねていこうと、改めて決意させていただきました。

 研修後、鍼灸学校に通う半信半疑の娘に試してみましたら、腓腹筋の飛び上がるほどの激しい圧痛、手足のかなりきついこそばゆさ、中脘の圧痛、首周囲の圧痛が、一か所に鍼を置くだけで、ほとんどの反応が消失してしまい、娘は魔法にかかったような出来事にびっくり仰天、私も驚いてしまいました。多くの方にはそれほどまでの素早い反応はありませんが、筋肉の緩みをしっかり感じていただけるので、以前よりもリラックスして治療に臨んでいただけている様子です。

 難病の方、急性、慢性病の方など、これから研究を重ねて、鍼灸をもっと身近で効果的な治療法として受け入れていただきたく、努力をして参ります。
 このような、尊い機会を賜りましたこと、代表、吉川先生、スタッフの方々のお心遣いにも、深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
 陰陽太極鍼はさらに進化し続け、多くの方を病より病気治癒、健康回復へと導く療法として拡がっていくことを心より祈念いたしております。

2011年12月12日
大阪市 さくら鍼灸院
鉢嶺 佳弥美




東方鍼灸院  〒080-0010 北海道帯広市大通南21丁目14-2
TEL (0155)24-8111 FAX (0155)24-7281
月〜金 9:30〜12:00/14:00〜18:00
土 9:30〜12:00/13:30〜16:00
予約制 休診日/日・祝日