■研修コースのご案内
 当院では鍼灸が医学として正当な評価が得られるよう、鍼灸医学の発展のために、研究、普及に努めております。
 当院では、鍼灸を学びたい人のために、いろいろなニーズに応えるための研修を行っています。短期、中期、長期の研修課程の中から、ご希望により選択して、事前に日程をお申し込み下さい。出来る限りのご希望に添えるよう対応したいと思います。      

1ヶ月以内の短期研修希望の方は下記制度をご利用下さい。鍼灸学校在学生の将来の方向性を見つけたい方、既に開業されている方も数日から数週間の研修で多くのことが学べ、即臨床に生かせます。

●研修生の参考資料


◎『鍼灸ジャーナル』
  vol.3 2007年6月(緑書房)松田博公氏との対談「日本鍼灸を求めて」
  vol.4 2007年8月(緑書房)「陰陽論で考える鍼灸取穴法(実技解説)」
◎DVD「陰陽太極鍼」基礎編、臨床編(ヒューマンワールド社)
○『鍼灸ジャーナル』(緑書房)
  vol.6  2009年1月「日本鍼灸にとって中医学とは何か(座談会・前編)」
  vol.7  2009年3月「日本鍼灸にとって中医学とは何か(座談会・後編)」
  vol.27 2012年7月「眼科疾患の鍼灸治療」
○『鍼灸の挑戦』松田博公著(岩波新書)「遠隔刺鍼で近視治療」
○『鍼灸臨床のコツ』(医道の日本社 2008年11月)
  「臨床で陰陽、五行、十二経脈を意識する」
○『鍼灸OSAKA』(森ノ宮医療学園出版部)
  2011年秋号 腹診特集「腹診を考える」
  2012年秋号 「日本鍼灸と中医学との相輔相成から生まれた"陰陽太極鍼"」
  2014年春号 「脾経腰痛を陰陽のバランスで治療する」
  2015年春号 「陰陽太極鍼と刺絡治療」
○『日本鍼灸へのまなざし』松田博公著(ヒューマンワールド社)
  「吉川正子さんの接触鍼に群がる中医師 2007年WFAS20周年北京大会傍聴記」
○『日本鍼灸を求めて』松田博公対談集(緑書房)
  「経脈を使いこなす、名付けて『陰陽太極鍼法』」
○『中医雑誌』十二経脈経穴編(当方で作成したもの)
○その他、吉川正子発表論文



●長期研修のコース


現在、長期研修生を募集しています。
長期研修生は、研修費免除、一部生活費補助の制度もありますので、希望される方は下記履歴書をダウンロードして記入しお申し込み下さい。
どちらも同じ書式ですので、いずれかをお使いください。


●中期研修のコース


半年以上一年以内等の中期研修をご希望の方は、研修費及び生活補助等、別途相談に乗ります。詳しくはお問い合わせください。


●短期研修のコース


◎ 研修希望の方は下記要領でお申し込みください。
  1. お電話又はメールその他でお問い合わせください。
    ○ 研修希望日(少なくとも1か月前までにお申し込み下さい。)
    ○ 研修希望コース(下記)
    をご相談ください。
  2. 1. が決定後、履歴書を、郵送・FAX・メール添付などで東方鍼灸院宛てお送りください。
    履歴書は、次のいずれかをお使いください。どちらも同じ書式です。
  3. 研修費を事前に振り込んでください。白衣・履物を持参してください。
   
Aコース  1日研修 (資料と説明付)5,000円
Bコース  1日研修 (資料と説明、実技指導付)10,000円
Cコース  短期研修10,000円/1日
レベルに合わせて変更します
1日目 Bコース+ 体表観察の仕方指導
2日目 Bコース+ "開穴"の見つけ方指導
3日目 Bコース+ 舌診指導
4日目 Bコース+ 腹診指導
5日目 Bコース+ 背部兪穴指導
6日目 Bコース+ 総合治療指導
Dコース  特別研修「視力回復法」150,000円/15日
陰陽太極鍼研究会会員、またはCコース修了者
開院時に視力回復教室として宣伝できる技術の研修と経営指導
  


・研修・見学の方々からの声




東方鍼灸院  〒080-0010 北海道帯広市大通南21丁目14-2
TEL (0155)24-8111 FAX (0155)24-7281
月〜金 9:30〜12:00/14:00〜18:00
土 9:30〜12:00/13:30〜16:00
予約制 休診日/日・祝日